今年の京の秋は、朝活&夜もみじ


1年で一番京都が混み合う、紅葉の時期。

最近は外国人観光客が多いため、例えば、

有名なJR東海の「そうだ 京都、行こう」キャンペーンも、できるだけ時間帯や場所をずらした提案をされていたりします。

ちなみに、今の秋のキャンペーンは、金戒光明寺で、「秋は夕暮れ」です。

 

また、京都市の観光PRでも、さかんに、朝活に、夜間ライトアップ押しされています。

 

朝活は、お寺でのおつとめ体験で、

清水寺や東寺、知恩院、西本願寺など、有名なお寺が多いです。

 

お寺でのおつとめは、毎日お坊さんたちがされていると思いますが、

実際、どんなふうにされているのかは見たことがないので、気になります。

 

6時から7時開始なので、早起きしないといけないですが、

まだ静かなうちに、清々しく一日をスタートするのもいいかもしれません。

ちなみに、無料のお寺が多いです。

くわしくはこちらへ。

 

夜もみじのライトアップは、デジタルスタンプラリーも実施されます。

そのなかでも、わたしがおすすめなのは、曼殊院(まんしゅいん)。

少し街中からは離れていますが、皇族が出家される門跡寺院で、

「小さな桂離宮」といわれ、洗練されたお庭がとても綺麗です。

また、ライトアップが入れ替えなしなので、日が暮れていくのをしっとり眺めるのもよさそうです。

 

【曼殊院ライトアップ】

開催期間:20199年11月1日(金)~11月30日(土)

開催時間:日没~20:00(19:30受付終了)昼夜入れ替えなし

拝観料:大人600円、高校生400円、小中学生300円

アクセス:京都市バス「一条寺清水町」下車徒歩約20分

     叡山電車「修学院」駅から徒歩約20分

その他のライトアップのデジタルスタンプラリーについてはこちらへ。

 

今年も紅葉が気になる時期になってきました。

そろそろ、どこに行こうか、探し始めるのも楽しいですよ。