純日本生まれのエコバッグ、風呂敷を使いこなそう


2020年7月1日からレジ袋が有料化されます。

既に先行して有料化されている百貨店やお店もあり、今まで買ったものを袋に入れてもらっていたのがなくなると、ちょっと困ることも。

 

そこで、エコバックもいいですが、風呂敷も使いこなしてみてはいかがでしょうか?

 

風呂敷のいいところは、なんといっても、使っていない時にコンパクトに、ぺっちゃんこになることです。

使う時だけ物に合わせて包んで、使わない時は折りたたんでおけます。

こういうのは、着物とちょっと似たところがありますね。

 

ということで、便利なショッピングバッグの作り方をご紹介します。

今回は、70㎝×70㎝の風呂敷でやってみます。

大好きなイラストレーターさんの「ウミソラペンギンズ」の風呂敷です。

ちなみに、このペンギンたちの中に1匹だけ違うポーズのペンギンがいますよ。

わかりますか?

 

ショッピングバッグの作り方

①風呂敷の裏を外側にして、対角線上の角を合わせて、三角に織ります。

 

②三角の左右の角(対角線上に合わせた角以外のところ)を、ひとつ結びます。

 

③風呂敷を裏返して、表を外側にします。結び目のところを中に入れ込んで、内側にスペースを作ります。

 

④上の2つの端を2回結んで、完成です。

 

④の2回結ぶ時、真結びと呼ばれる、ほどく時にスルリと解ける結び方をマスターしたい方はこちらを参考に。

真結びの結び方

風呂敷包み方真結び/基本の結び方
風呂敷アレンジの基本中の基本、真結びの結び方です。

真結びのほどき方

風呂敷包み方真結びの解き方/基本の結び方
真結びを簡単にほどく解き方です。

 

このバック、カンタンにできて、結構中に物を入れられるので、おすすめです。

ちょっと練習して、さらっと使いこなしてくださいね。

 

ペンギン好きのわたしは、ウミソラペンギンズ、すごく気に入っています。撥水加工なので、汚れや水にも強いです。

 

好きな柄の風呂敷を持っていると、気持ちもウキウキしてきます。

ぜひ、お気に入りの1枚を忍ばせて、いろんなものを包んだり、バッグにして使ってたりしてみてくださいね。