GWイベント、上京大文化祭


4月27日(土)、28日(日)に、京都市上京区140周年記念で「上京大文化祭」が北野天満宮で行われます。

上京区の歴史

平安時代末期頃から京都の町を南北に分けた上辺(かみわたり)、下辺(しもわたり)の表現が用いられるようになり、

それが中世になって、おおむね二条通を境として

上町(かみのまち)、下町(しものまち)、あるいは上京、下京と呼ばれるようになったといわれています。

明治元年には、上京、下京を上大組、下大組と称し、翌2年には三条通を境として、上京33番組、下京32番組としました。

明治12年、「郡区町村編成法」によって京都を2区に分けて上京区、下京区が編成され、

昭和4年には上京、下京の2区から左京、中京、東山が分区し、昭和30年には上京区から北区が分区し、現在の上京区(17学区)が構成されました。

明治12年に、「上京区」が編成されてから、今年で140年になります。

上京大文化祭

上京区は、京都御所の北側に位置し、天皇・公家・貴族のために集められた卓越した技術を持つ職人さんが集まっていたところです。

そのため、西陣、上七軒など伝統文化、伝統工芸が息づいている土地柄で、今も受け継がれています。

そこで、上京大文化祭では、北野の大茶会や宮廷文化を華やかに再現した蹴鞠・雅楽などの実演、

職人技がみられる工芸品の展示に、食まで、楽しめるイベントです。

上京大文化祭で、美しいものを体験してみませんか?

開催日時:2019年4月27日(土)、28日(日)

開催場所:北野天満宮

アクセス:

【市バス】
JR京都駅/近鉄京都駅からは、50・101系統、 
JR・地下鉄二条駅kからは、55系統、 
地下鉄今出川駅からは、51・102・203系統、  
京阪出町柳駅からは、102・203系統、 
いずれも北野天満宮前下車すぐ

【電車】 
京福電車(嵐電)白梅町駅より徒歩5分

上京大文化祭HP