おおらかな「むくり」が美しい、京都迎賓館


今回は、京都御所のおとなりにある京都迎賓館の屋根をご紹介します。

京都迎賓館は、平成17年、京都を中心とした現代の匠たちの技の粋を集めて、おもてなしの場として建設されました。

 

伝統的な住居である、入母屋(いりもや)屋根と数寄屋(すきや)造りの外観としながら、現代の素材を用いて耐震などを保ち、

伝統と革新が調和した建物です。

 

この京都迎賓館は、行事等で使用されている時以外、一般公開されています。

 

屋根は建築美の生命線

これは、京都迎賓館の建築家の方の言葉です。

京都迎賓館を建設する際、現場で検討した中で最もエネルギーを使ったのが屋根だそうです。

注目してみていくと、屋根の形・曲線、素材によって、建物の印象が大きく変わるのがよくわかります。

 

京都迎賓館に入って、まず目に入る正面玄関。

なだらかな曲線を描いた屋根が続き、どっしりさと軽やかさを両方感じます。

 

そして、こちらは内部から見た建物の屋根です。

池に面した建物で、平安情緒も感じさせながら、新しさも感じさせます。

どの屋根もなだらかな山型を描いた「むくり」の屋根で、穏やかさを感じます。

京都迎賓館は海外からのお客様を迎える際などに利用されるため、社交の場として、屋根も一役をかっているのではなかと思います。

 

京都迎賓館の屋根が気になる方は、ぜひこちらをチェックして、一般公開の日に行ってみてください。

京都迎賓館 | 内閣府
内閣府京都迎賓館公式ウェブサイト。国賓等の接遇の様子、京都迎賓館に生きる伝統的技能のご紹介のほか、一般公開(見学・参観)の情報や見どころについてご紹介しています。また、一定の要件の下、有償で施設を貸し出す特別開館についてもご案内しています。