かわいい子づくしで新春を~京都国立博物館新春特集展示~


2020年は子年。

干支にあやかって、京都国立博物館の新春特集展示「子づくしー干支を愛でる―」で

かわいいネズミたちを愛でるのはいかがでしょうか。

干支の先頭のネズミ、美術品で表現されると、愛らしくかわいいものがたくさんあります。

 

ネズミは、『古事記』にも登場し、大国主命を助けたことでも有名です。

そのあと、インドの神さま、大黒天の「大黒」と大国主命の「大国」が同じ読みでもあり、一体化され、

富と豊穣の神さまの使いとされるようになりました。

 

また、多産のネズミは、子孫繁栄にもつながります。

 

そんなネズミは、江戸時代にはペットとしても人気となり、愛される動物に。

新年のはじまりに、子づくしのかわいい美術品たちに会いに行ってみませんか?

【京都国立博物館 平成知新館 新春特別展示 子づくしー干支を愛でるー】

開催日:2020年1月2日(木)~2月2日(日)

開館時間: 火~木・日曜日 9:30~17:00(入館は16:30まで)
      金・土曜日   9:30~20:00(入館は19:30まで)

休館日:月曜日

    ただし、2020年1月13日(月・祝)は開館し、翌1月14日(火)を休館

観館料:一般520円、大学生260円

アクセス:市バス「博物館・三十三間堂前」下車、徒歩すぐ。「東山七条」下車、徒歩3分

     京阪電車「七条駅」下車、東へ徒歩7分

京都国立博物館HP:

新春特集展示 子づくし─干支を愛でる─ | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum
京都国立博物館の概要と年間の主だった展示企画、イベント等をお伝えしています。