京の桜はじめ


3月22日に、京都の桜の開花が発表され、今年も桜の季節がやってきました。

平年より6日早く、昨年より5日早い、開花です。

ちなみに、開花の目安となる標本木は、二条城の桜の木で、5輪以上咲いていることが基準だそうです。

京都市内での満開は、3月29日から4月1日ごろが見込まれています。

 

ソメイヨシノは開花の始まりですが、もう満開を迎えている桜もあり、お花見に行ってきました。

桜の時期は必ず行きたくなる平野神社

平野神社は、約60種類400本の桜の木があります。

種類が多いので、順番に咲き、桜を楽しめる期間も長いです。

 

今は、魁(さきがけ)という名前の、大きなしだれ桜が満開です。

早咲きの桜で、この桜が咲くと、京都の桜が始まるとされる木です。

枝いっぱいに花をつけて、ゆらゆらとしています。

ほかにも、本殿横には、十月桜と呼ばれる二度咲く桜や、ツツジかと思うほど大きな花の御車遷(みくるまがえし) も咲いています。

今年は、桜茶屋が中止となり、ぽっかりと開いた空間が少し寂し気ですが、静かに桜を楽しむにはいいかもしれません。

平野神社は、まだまだ蕾の木も多いので、これからも長い間桜が楽しめます。

 

阿亀桜も満開

千本釈迦堂にある、阿亀(おかめ)桜も満開近いです。

こちらも、しだれ桜で、地面まで枝を伸ばし、広々と優雅に咲き誇っている感じがします。

 

京都の桜の開花情報はこちらでチェックが便利です。

2~3日おきに、桜の名所の開花度合が一覧でわかります。

京都 桜の名所・開花状況「桜だより」|【京都市公式】京都観光Navi
四季折々の風情を愉しむことができる古都・京都。その中でも特に人気なのが、桜が咲き誇る春の季節です。「桜だより」では、京都の桜の定番スポットから穴場スポットまで、京都市内外の桜の名所の情報を網羅してご紹介します。 石庭や庭園とのコントラストが鮮やかな桜や川沿いの情緒あふれる桜並木、幻想的なライトアップされた桜など、シチュ...

 

お花見をすると、心も晴れやかに、明るくなります。

ぜひ、今年も元気に咲く桜たちを観に行ってみてください。