ずっと気になってたスライスようかん、トーストしてみました。


ちょっと前から気になっていた、スライスようかん。

スライスようかんは、京都の御菓子屋さん、亀屋良長さんの、ようかんをスライスしたもので、

トーストにのせて焼くと、小倉バタートーストになるというもの。

丹波大納言小豆の粒あんようかんに、沖縄の塩を効かせたバターようかんと、ケシの実がトッピングされています。

一袋に2枚のスライスが入っています。

 

ようかんは、筒状の長いものしかないと思っていたので、知った時にはこんな食べ方があるのかと驚きました。

一度はやってみたいと思っていたのですが、人気で品薄で。

見つけたので、買って、作ってみました。

 

作り方はいたってカンタン。

トーストの上にのせて、焼くだけ。

 

焼くと、ようかんがグツグツしてきます。これで、完成です。

 

食べてみると、ようかんがとろけて、おもしろい。甘すぎず、食べやすいです。

個人的には、バターようかんがもうちょっと多くてもいいかなと。

小倉バタートーストというより、別物な感じです。

 

食パンブームですし、ちょっとおもしろい食べ方をしてみたい方、いちどお試しあれ。

 

薄くスライスした羊羹「スライスようかん」|1803年創業 亀屋良長|京都
食パンにのせて焼いて食べる、薄くスライスした羊羹です。